先日、朝の情報番組で初耳だった“ソラレン”

えぇ~!?っと思われた方もきっと多いはず。

これまで注意喚起を聞いたこともなかったですからね…。

 

ソラレンとは、野菜や果物に含まれる【光毒性】をもつ成分の一つ。

光毒性とは、紫外線に対する感受性を高める成分です。

この成分は紫外線を吸収する性質があるので、この成分が体内にあると、日焼けをしやすくなったり日光アレルギーを起こしやすくなったりするわけです。

 

その番組で言っていたのは、

「ソラレンを含む野菜や果物を朝食で摂取しないように注意しましょう」的なことでした。

紫外線リスクを高めてしまうことを避けましょう!という呼びかけですね。

 

ソラレンは、オレンジ、グレープフルーツ、キウイフルーツ、レモン、みかんなどの柑橘系の果物や、ニンジン、きゅうり、セロリなどの野菜にも含まれているようです。

柑橘系のフルーツは、朝食のデザートとして食べてますよね。

しかし、これはあくまで光毒性の話ですので、食べた後に紫外線を浴びる戸外で過ごすのでなければそんなに気にしなくていいかな~とわたしは思います。

日光アレルギーのある方は、意識されているといいですね。

 

精油にも光毒性の注意があります。

同じくオレンジやグレープフルーツなどの柑橘系の精油には光毒性があるので、マッサージに使用した後24時間は紫外線を浴びないほういいいです。

アロマトリートメントでは皮膚に精油が残ったままになりますので、こちらは確実に注意をしましょう。