日焼け止めには、UVB波を防ぐSPF値と、UVA波を防ぐPA値が表示されています。

SPF値とは…

紫外線を浴びてから皮膚が赤くなる(日焼けする)までの時間を、化粧品によって何倍に延ばせるかを示す指数です。

SPF1で20分延ばせると仮定されていますので、SPF30が表示されていれば、 20分×30=600分となり、約10時間まで延ばせるという計算になるわけです。

PA値とは…

UVA波防止効果の程度を表しています。プラスが多いほど防止効果は高くなります。
UVA波は真皮層まで到達して肌の弾力を奪い、しわ、たるみを作る原因になるといわれています。
屋内で過ごす時も窓から差し込んでいるといわれていて、生活紫外線ともよばれています。

PA+    防止効果がある
PA++   防止効果がかなりある
PA+++  防止効果が非常にある
PA++++ 防止効果が極めて高い

汗をかく屋外では、2~3時間ごとに塗り直しをする方が効果が持続できるといわれています。

 

【ウォブスタイル スーパーUVカットミルク】は、SPF50 PA++++ の優れもの。

「普段使いには数値が高くないですか?」と聞かれたりもしますが、紫外線吸収剤を使用していないので肌への負担が心配なく使えます。

朝メイクをして、帰宅まではそのままだとしたら…重い数値ではないですよ。

日焼け止めはボディ兼用ではなく、必ずお顔用を使うようにされてくださいね。

summer-back007[1]

筑紫野 太宰府の美肌と脱毛のプライベートサロン
ナルサロン二日市