「光脱毛」を知る前のわたしもやっていました。

わきやひざ小僧の毛の毛抜き処理。

毛を根元から抜く事ができるので、伸びてくるまでに時間がかかり、その時はきれいになったようにみえるので痛さをこらえながらやっていました。

しかしこれが一番やってはいけない自己処理方法だったのです。。。

毛抜きで毛を抜くと、次に生えてくる毛が埋没毛(まいぼつもう・埋もれ毛)になりやすいです。

痛い=刺激を受けた毛穴の周りの皮膚は硬くなり、生えてきた毛が皮膚を通過できず皮膚の中でグルグルと伸び続ける毛のことです。

maibotsumou[1]

これを見つけるとまた毛抜きでほじって出したりしていました。。。

絶対やってはダメですよ。

炎症痕が色素沈着で残ったり、毛穴が鳥肌のようにブツブツになってしまいます。

 

埋没毛は毛根が深く、太い毛の部位がなりやすいといわれています。

わき、ビキニゾーン、ひざ下などですね。

 

埋没毛を作らないためにも光脱毛はお勧めです。

が、埋没毛が多い場合には施術を延期させて頂くこともあります。

お肌の状態を改善してからの方が脱毛効果が良いと思われる場合です。

 

自己処理はお肌を傷つけがちです。

光脱毛で自己処理の煩わしさと、肌への負担をなくしていきましょう。