アフターサマーの肌ケア

おかげさまで17年目を迎えました
脱毛とフェイシャル専門マンツーマンサロン
ナルサロン二日市

おはようございます
美肌仕事人重藤です。

外出制限とマスク着用でお客様のお顔の日焼けも予防できているなと感じますが、肌荒れに悩まされている方も多いです。

マスク擦れでできてしまった色素沈着やあごの湿疹、鼻筋の赤み(湿疹や赤みのあとの色素沈着にも注意)など、これから乾燥する季節がやってくる前にできるだけケアをしておきたいものですね。

夏の終わりのお肌はこんな状態

◆紫外線ダメージの蓄積
シミのもとになるメラニンは紫外線を浴びてから12時間で生成されるといわれています。
となるとすでにメラニンは生成されていますので、スムーズに排泄するケアをしましょう。

◆角質肥厚
外的刺激から細胞を守るために厚くなった古い角質を除去しましょう。
ザラザラ、ごわごわ、メイクのりが悪い、化粧水の浸透が悪いと感じていたらコレです!

◆乾燥
大量の汗とともに奪われていったお肌の水分。
フル稼働のエアコンの中でさらに奪われていった水分。
おさぼりになりがちだったスキンケアで乾燥が始まっています。

アフターサマーは、新陳代謝を促進して十分な保湿をすること。

生成されたメラニンが細胞内で滞ってシミになるのを予防して、紫外線で壊れたコラーゲンが速やかに作られるケアを取り入れましょう。

この時期、ハーブピーリングで新陳代謝を整えるDr.MASAKOの美容メソッドもお勧めです!

「ミモーマモーみたい!」とお客様に言われました笑

知ってるあなたは同世代です♪

WOVE style(ウォブスタイル)

サロンでのトリートメント効果を「その場限り」で終わらせないために、基礎美肌力を高め健康な素肌を維持するために「ウォブクリニック中目黒」が開発監修したホームスキンケアです。