冬こそ「美白」が効果的

夏ほど気にならない紫外線。

かつてはわたしも夏には「美白」、冬には「保湿」とスキンケアをチェンジしていたものでした。

いまはスキンケアに配合される美容成分も豊富になり、そんなことしなくてよくなりました。

 

紫外線量が少なくなる冬は、紫外線ダメージにさらされにくくなるので美白成分が効果的にはたらくそうです。

なので「早い結果」に期待できるのだそう。

 

美白有効成分で頭にうかぶものはなんですか?

プラセンタ、ハイドロキノン、アルブチン、ビタミンC誘導体、トラネキサム酸、コウジ酸、エラグ酸など…

やっぱりわたしは一番にプラセンタを思い出すようです笑

それぞれの成分にそれぞれのはたらきがあるのですが、今回それはおいといて。

 

 

 

この季節、ラ・プレシアシリーズのなかでもわたしのイチオシは、リッチローションとエクストラクリームのセット使い。

プラセンタには
◎チロシナーゼという酵素にシミの元となるメラニン色素をつくらせない!
◎メラニンを角層に沈着させない!
◎できてしまったメラニンを還元する!

などの予防と改善の「美白」作用があります。

さらに、最近話題のナイアシンアミド(ビタミンB3)配合で
◎新しい細胞をつくる!
◎バリア機能を高める!
◎ニキビの要因になる悪玉菌を狙いうちする!

などの敏感に傾きやすい冬の肌を守ってくれる作用もあります。

ナイアシンアミドは抗シワ成分として国の認可も受けた美容成分です。

乾燥も美白も期待できる、エイジングケアにとってもお勧めのスキンケアですよ(^_-)-☆

《お肌が変わる、一週間実感サイズ》をご準備しましたー♪

FAQ