紫外線の種類を知ろう

一年のなかで紫外線が最も強くなるのは5~8月といわれています。
なかでも、梅雨の晴れ間の紫外線は最大ともいわれます。

紫外線はUVC、UVB、UVAの3つに分類されます。

波長の短いUVCと、290nm以下のUVBはオゾン層や大気圏を通過するときにカットされますが、
290nm以上のUVBとUVAは地上に到達し、肌に影響を与えます。

UVBとは…

皮膚の表皮から真皮の乳頭層付近まで到達し、急性の炎症と炎症後の色素沈着を起こす主原因となります。
海水浴や山登りなどでヒリヒリする日焼けをするのはUVBの仕業です。
サンバーンを起こす原因となる紫外線といわれています。

UVAとは…

皮膚の真皮から皮下組織まで到達し、線維芽細胞やコラーゲン・エラスチンにダメージを与えます。
長時間浴び続けることで深いシワやシミを作る原因となります。
これを「光老化」といいます。

曇りの日でも晴天時の60%の紫外線があるといわれていますので、日焼け対策はこまめにやりましょう。

紫外線対策は肌老化を進めない最大の策ですね!

 

UVAからもUVBからもお肌を守ってくれるのが、

ウォブスタイル
スーパーUVカットミルク です。

ちょっとそこまでの時にも、日焼け止めは必ず塗りましょう。

WOVE style(ウォブスタイル)

サロンでのトリートメント効果を「その場限り」で終わらせないために、基礎美肌力を高め健康な素肌を維持するために「ウォブクリニック中目黒」が開発監修したホームスキンケアです。

前の記事

温泉気分

次の記事

大切なひと手間