【ご一読】薬服用時の脱毛施術には注意があります

おかげさまで16年目を迎えました
脱毛とフェイシャル専門マンツーマンサロン
ナルサロン二日市

こんにちは
美肌仕事人重藤です。

薬を服用する機会の多い季節です。
処方薬、市販薬を服用時には脱毛施術と光フェイシャルができない場合があります。
いまいちどご確認をお願いします。

服用薬の副作用に【光感受性を高める】成分が入っている場合の脱毛施術と光フェイシャルはできません。
処方箋には「光線過敏症」と明記されています。

アレルギー薬にはこの副作用がある薬とない薬があります。

鎮痛剤にもこの副作用がある薬があります。
※オキシカム系、プロピオン酸系解熱消炎鎮痛剤

抗生剤、抗菌剤にもこの副作用がある薬があります。
※テトラサイクリン系、ニューキノロン系

ステロイド剤にはこの副作用があります。

脱毛と光フェイシャルの光は光線過敏症を発症するとされる波長とは違いますが安全に脱毛を受けて頂くための注意です。

服用が終わって3日あけてご計画ください。
服用が必要になった症状や服用期間がながい場合には、もう少しあけた方が安心なこともありますのでお尋ねください。

上記の薬以外でも服用時はからだがいつもと違う状態ですので脱毛は避けることが望ましいです。

アレルギー疾患や長期持病治療での服用がありましたら事前に主治医にご相談の上ご予約をお願いします。

WOVE style(ウォブスタイル)

サロンでのトリートメント効果を「その場限り」で終わらせないために、基礎美肌力を高め健康な素肌を維持するために「ウォブクリニック中目黒」が開発監修したホームスキンケアです。